« 行政サービス? | トップページ | コンプライアンス その3 »

2011年2月 6日 (日)

コンプライアンス その2

2011年2月5日(土)17時30分配信 J-CASTニュース「ホテルがゲーム無料貸し出し これで逮捕はやり過ぎとの声」宿泊客にゲームソフトを貸し出した神戸市内のホテルが、著作権法違反(上映権侵害)の疑いで摘発を受け、ネット上では、「どこもやってそうなのに」と疑問の声が噴出している。これに対し、警察側は、「ソフト制作には金がかかっており、業界の処罰意識は高い」と説明し、刑事告訴があったので捜査したと言っている。
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jcast-87216/1.htm
との事である。
そろそろ、正直者が馬鹿をみる時代が終わりかけているのではないだろうか?

2009年7月に、大手クリーニング会社の引火性溶剤使用にかかる建築基準法違反の発覚から2年半が経ち、国の方針が決定、ようや対策が発表されました。そして、今年からその対策に向けての実態調査が行われていくことになった「ドライクリーニング工場問題」も、その一つであろう。

この問題は、町中にある小規模なドライクリーニング店が、建築基準法第48条の用途地域規制に違反して操業している実態を受けて、国交省が違反是正措置の一つとして、建築基準法第48条規定に基づく許可の、各特定行政庁における許可運用基準として、引火性溶剤の使用に伴う火災危険性を除去するために必要な安全対策措置にかかる技術的基準をとりまとめ、技術的助言を特定行政庁に発出しました。

知らなかったでは、済まない時代がもうそこにあると考えます。
法令遵守にて今後も素晴らしい日本を皆さんで築き上げていきましょう。

|

« 行政サービス? | トップページ | コンプライアンス その3 »

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンプライアンス その2:

« 行政サービス? | トップページ | コンプライアンス その3 »